無理のない美容はきなこヨーグルトが良い

女性

美白で気をつけること

美白で気をつけていることは、太陽にあたらないようにすることです。
紫外線を浴びると肌が赤くなって火照り、火照りが引いても日焼けした肌になってしまいます。
紫外線は一年中あるけど、春から夏にかけてが最も強くなるので、日焼け止めをしっかり塗って防ぎます。
紫外線が強い時間帯は太陽が真上に上がる昼頃なので、外出するのはできるだけ朝か夕にしています。

日焼け止めクリームは、朝に塗っても汗で落ちるので、日中に何度か塗り直します。
日差しが強い時は、UVカット効果のある帽子をかぶり、日傘をさします。
首にはスカーフ、腕には日焼け止めの手袋をして、直射日光から肌を守ります。

ビタミンCはメラニンができるのを防ぎ、しみができにくくなるので、オレンジやイチゴなどの果物を食べるようにしています。
季節の野菜はビタミンが豊富で、肌の代謝を活発にし、肌のターンオーバーの働きを助けてくれます。
飲み物は、ポリフェノールとビタミンCが含まれている、緑茶やハーブティーが美白に良いです。

果物と野菜をミキサーにかけてジュースを作ると、一度にビタミンを摂取できるのでおすすめです。
ミキサーのパワーを強くすると、熱でビタミンが壊されます。
弱いパワーでジュースを作れば、ビタミンたっぷりの美肌ジュースを作れます。

夏前から始める美白ケア

初夏を迎え、紫外線の量がぐっと増えはじめました。そろそろ日焼け止め対策&美白ケアをスタートする時期です。まず、朝のメイク。下地のクリームだけでなく、ファンデーションもUVカット効果の高いものに切り替えます。そして、顔以外で肌が露出する箇所にはくまなく日焼け止めを塗ります。足の甲の部分は…

MORE

Sub menu

TOP